飛行のコツ

飛行のコツ

飛行の操作方法は普通のドローンと同じ

2本のスティックを使う送信機の割り当ては、空撮用ドローンと同じです。日頃から空撮用を扱ったことのある人なら、操作はすぐに慣れるでしょう。ただ普通のドローンと違うのは、スロットルとラダーを駆使しながらの飛行です。

ただ、ドローンは小さいほうが操作方法は難しいといいます。コツコツと継続的に練習を重ねて、基本操作をしっかりと習得していくことが大切です。

スロットル基本操作の1つ。上昇と下降がどのような操作で反応して動くかを把握しておくことが重要です。機体によっても違いがありますし、パーツ交換やその調整によっても異なります。レースに挑むには、この操作を会得する必要があります。
スロットル&ホバリング空中で任意の場所に停止することは基本中の基本となります。スロットル操作に慣れ、緩急を交えてのスロットル操作中にも流されることなく空中停止ができるようなホバリングの練習も行いましょう。
前進からのホバリング機体を加速前進および減速前進の練習を重ねながら、どちらの前進飛行でもすかさず空中停止ができる動作も身につけてください。3軸および6軸ジャイロ時には、ホバリングしようにも補正のために惰性が付きものです。反対の方向に舵をとるなどして停止できる術を身につけましょう。
エルロン&エレベーターレーサードローンはカメラ映像が基本です。常に目標物に対してカメラを宛てるよう練習をしましょう。加速すると比例して機体は前傾するので、エルロンとエレベーターによる旋回操作を会得してください。

レーサードローン 上達のコツ

ステップ1 目視飛行を極める

FPVドローンは、カメラ映像を頼りに飛行させますが、基本操作を極めておかないと、上達するのは難しいといいます。スティックをどのように操作したら機体が反応するのかを熟知しておきましょう。

スピード重視のFPVドローンは、思考よりも反射神経がモノを言います。

ステップ2 FPVで6軸飛行を極める

6軸飛行は、ジャイロにより水平に補正されてしまうために、補正に逆らって舵を取る場面も多々あります。初期設定での水平角度により、スティック操作を行わない状態、また急激な角度変更にも姿勢制御が入ります。

自由度は低いですが、3軸飛行をする前に6軸飛行を極めておきましょう。

ステップ3 FPVで3軸飛行を極める

3軸飛行は、6軸にあった水平補正がない分、自由度が高くなります。ただし、角度を変えるとそのまま飛行するため、次の動作にうつるまでは、その状態を維持する必要があります。自由度は高くなりますが、同時に難易度も高くなるのが3軸の特徴です。例えば、風の抵抗を受けると自分の操作で角度補正しなければなりません。

6軸と3軸、どちらにもメリットデメリットは操縦している中で感じると思いますので、使い分けるためにも両方を身に着けるのが大切です。